企業英語研修

私の会社では海外への赴任はないので、企業英語研修などというものはありません。

しかし、最近では海外進出や赴任っていうのは当たり前になってきているので、英語は当たり前、それ以外の言語、中国語、スペイン語、ドイツ語などが分かれば非常にいいですよね。

ただ、言語ができから採用していた帰国子女や留学生があまり使えなかったという話も聞きます。仕事ができての語学ということになるのですがなかなか理解してもらえないみたいです。

アメリカ留学

インターンシップという制度、仕組みがあります。

最近ではそれに興味を示す学生や若者達がいます。若い時代からスキルやキャリアを獲得しておいたほうが良いという意見もあります。

失敗や苦労は若いうちに経験しておいた方が良いというアドバイスもあり、そのアドバイスに従いアメリカ留学などを検討・実践する人々もいると言われています。国内だけでは、近視眼的な思考に陥ってしまうケースがあります。

日本社会は、諸外国と違い、やや閉鎖的な側面があり、若者たちの育成には向かない場合もあると言われています。留学も選択肢の一つでしょう。